バラエティ豊かで面白い!鉄道旅で楽しむ駅蕎麦

唐揚げのインパクトがすごい!

駅で食べる食事と言うと、駅蕎麦のイメージが強いのではないでしょうか。国内各地にある駅蕎麦のお店では、たぬきそば、月見そば、といった王道の蕎麦以外に、なかなかユニークな蕎麦を提供しているところもありますよ。具材にインパクトのある蕎麦としては、大きな唐揚げがのった唐揚げ蕎麦が挙げられます。揚げ物を使った蕎麦では、天麩羅蕎麦はよく見かけますよね。唐揚げ蕎麦は、天麩羅蕎麦よりがっつり食べたい人、しっかりお腹を満たしたい人におすすめです。

麺の色に注目!和風と中華が見事に調和した駅蕎麦

インパクトのある駅蕎麦を食べてみようと思ったら、具材だけでなく、麺にも目を向けてみましょう。和風の蕎麦は、蕎麦粉を練り込んだ蕎麦で作るのが一般的ですよね。実は、ダシの効いた和風の汁に中華麺を入れた物を駅蕎麦として販売している駅もあるんです。ひと口食べるまでは、ちょっと違和感を感じてしまうような組み合わせですが、一度食べるとその美味しさにハマる人が多いと話題です。和風の汁と中華麺の見事な融合をぜひ味わってみて下さい。テイクアウト用の商品もあるので、麺類好きな人にお土産に買って帰っても良いでしょう。

駅蕎麦で体感する東西の差

蕎麦やうどんに関しては、西日本はダシが効いた薄めの汁、東日本は醤油の色がくっきりとした汁を使う傾向があるという話を聞いたことがある人も多いと思います。駅蕎麦の汁に関しても、この傾向が見受けられます。旅先で訪れた駅で少し時間があったら、自分が住んでいる地域とは違う風味の汁で蕎麦を味わってみてはいかがでしょうか。蕎麦を通して、食文化の差を知ることができますよ。

ヤートラルートを探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です